産後の便秘解消法にはマッサージがおすすめ?

産後の便秘解消法にはマッサージがおすすめ?

便秘になってしまうとつらいですよね・・・。

女性は男性と比べて便秘になりやすいと言われていますが、特に産後は便秘になりやすいんです。その理由もあとでしっかりとお伝えしますね。

 

そんな、辛い産後の便秘を解消するためには複数の方法がありますが、マッサージも効果的だとご存知でしたでしょうか?

それも含め、産後の便秘解消法についてお伝えしていきます!

 


便秘になると辛いので少しでも早く解消したいです。

複数の対処法を書いていますので、参考にしてみて下さい。 
スポンサーリンク

産後は便秘になりやすい?

産後の便秘解消法にはマッサージがおすすめ?

妊娠中や産後の女性の便秘は、悩みの種となっていることでしょう。

中には、数週間もお通じが来ないお母さんもいるんだとか。

 

産後のお母さんは便秘になりやすいと言われていますが、一体何故なのか。

まずは、その理由をお伝えしていきます。

 

便秘の理由①水分不足

産後に母乳育児をする場合、お母さんは水分不足になりやすいんです。

 

というのも、母乳は1日で700ml前後作られると言われていてその際、お母さんの水分が使われます。

なので、普段の水分摂取量では水分不足に陥ってしまうことに。

 

1日の水分摂取量の目安ですが、体重50kgの人で1日約2Lも必要とされているんです。

体重が増えればその分必要量も増えていきます。

 

つまり、体重50kgのお母さんの場合は2Lに母乳を作る分の水分を摂取する必要があるということになります。

 

水分が足りない場合は当然ながら水分不足となってしまい、体は便から水分を補充しようとするため、便が固くなり便秘になってしまうんです。

 

ちなみに、水分摂取は飲み物以外にも水分量の多い野菜などからも行うことが出来るので、水をがぶ飲みする必要はありません!

 


寒い時期は特に水分不足になりやすいので注意が必要です。

 

便秘の理由②運動不足

産後のお母さんはまず、体を休めることに務めるべきですが元気になってもそのまま体を動かさないと運動不足になってしまいます。

また、赤ちゃんにつきっきりになる事が多くなって運動をする時間が取れないというお母さんもいると思います。

 

体を動かす機会が減って運動不足になってしまうと体の筋肉が衰えてしまって、便を押し出す力が弱くなってしまうんです。

運動をすると腸に刺激が入るので、便意を感じやすくなりますが運動不足だとその感覚も鈍ってしまうので便秘に繋がってしまうんです。

 


便意を感じても、ずっと我慢をしていると便秘になってしまうので気をつけて下さい。 

 

便秘の理由③筋力不足

運動不足とも関係する部分ではありますが、妊娠中や産後は普段と比べて筋力が低下しています。

特に、出産の影響で肛門括約筋と呼ばれる肛門を開閉する筋肉が傷ついてしまい機能低下を起こして便を押し出すことが出来なくなり便秘に。

 

便意を感じても便を上手く出すことができなかったり、残便感の原因になってしまいます。

ただ、肛門括約筋の機能低下は便秘ではなく、漏れやすくなってしまうこともあるので必ずしも便秘に繋がるとは言えません。

 


排便後にはすっきりしない感じがあるのですが・・・?

毎日はお通じがきていても、排便後に『スッキリしない』感覚がある場合は便秘となります。

 

便秘の理由④生活リズムの変化

育児を始めると赤ちゃんにつきっきりでお世話をしなくてはいけません。

 

赤ちゃんがいつ泣くのかはも分かりませんし、赤ちゃんが夜泣きをすればお母さんは睡眠不足になってしまい、生活リズムが崩れてしまいます。

それに伴って、自律神経が乱れやすくなってしまうんです。

 

自律神経は腸の働きに大きく関わっているので、腸の働きに異常が出てしまいやすくなって、便秘に繋がってしまうんです。

そして、睡眠不足になってしまうと腸に疲れが溜まりやすくなってしまうので、余計に便秘になりやすくなります。

 


あまり、睡眠時間を取れない場合はどうしたら良いのでしょうか? 

睡眠時間をしっかり取れない場合は、できるだけ睡眠の質を高めることが大切になります。

具体的に言うと、枕やマットレスを変えるなど、睡眠環境を整えてみましょう!

 

便秘を放置すると・・・?

産後の便秘を放置してしまうと大変な事になってしまうんです。

『ただの便秘だから・・・』と放置しておくとどんどん便秘は悪化してしまい、違う症状を発症してしまうことに繋がります。

 

便秘が悪化すると、最悪の場合は命に関わる可能性もあるんです・・・。

実際に便秘を放置すると起こってしまう症状をご紹介していきますね。

 


便秘が命に関わるとは知りませんでした・・・。

 

症状①お肌トラブル

腸内に便が溜まり続けると、便は毒素を出してしまい以下のような症状の原因になります。

  • 肌ツヤが無くなる
  • ニキビ
  • 肌荒れ
  • くすみ

こういったお肌トラブルの原因になってしまいます。

 

『美人は腸も美人』と言われるように美容と密接なつながりがあるのは本当のようですね。

 

便は腸内にとどまっていると、どんどん腐敗が進んでいき留まっている便がガスを排出します。

そうすると、お腹の張りや腹痛にも繋がってしまうだけでなく胃を圧迫して吐き気の原因にもなってしまいます。

 


便秘は食欲減退の原因にもなります。

 

症状②臭い(におい)

腐敗した便の毒素は体に吸収されてしまうと、血中に流れ出してしまいます。

血中の毒素は汗や毛穴を通して体外へ排出されてしまうことに。

 

そのため、体臭や口臭がきつくなってしまいます。

厄介なことに、この臭いは自分では気が付きにくいのです。

 

自分の臭いには鼻が慣れてしまい感じ取りにくくなるので、自分では体臭を感じてなくても周りに影響を与えているケースもあります。

もし、便秘が長引いているようでしたら、体臭や口臭に注意をしたほうが良いでしょう。

 


体臭につながるなんて絶対に嫌です!

そうですよね。

なので、日頃から便秘にならないように注意することが大切です。

 

症状③腸閉塞

腸閉塞とは腸が詰まってしまった状態のこと。

 

腸閉塞の原因はねじれ腸や腫瘍なども考えられますが、便秘によって便が詰まり腸閉塞になることもあるんです。

便秘が1~2週間続くと腸閉塞の可能性があるので、病院で検診をするのが良いでしょう。

 

というのも、便秘が原因の腸閉塞を放置していると最悪の場合は死に至ることもあります。

実際に、便秘が原因となって日本国内の女性が亡くなってしまった事例もあるので便秘が続くようでしたら病院に行き、医師と相談することをおすすめします。

 


外国ではなく、日本でそういったことがあったんですね・・・。

 

症状④腸に穴が開く

腸の中に便が詰まることで、どんどん腸に圧力がかかっていき、大腸の一部が破裂してしまう場合もあるんです。

腸が破裂してしまうと、便や腸内細菌が漏れ出してしまい他の臓器に悪影響を及ぼしてしまうため大手術となります。

 

そして、最悪の場合は人工肛門になってしまうことも。

この症状は筋力が衰えた高齢者に多いと言われていますが、便秘を放置していると誰でもなってしまうので注意しておきましょう。

 


特に産後は筋力が低下しやすいので気をつけましょう。 

 

便秘解消にはマッサージが効果的なの?

産後の便秘解消法にはマッサージがおすすめ?

便秘は放置して悪化してしまうと、怖い症状を発症してしまいます。

そうならないためにも、便秘を早めに解消することが大切ですよね。

 

そして、辛い便秘を解消するためにはマッサージが効果的と言われているんです。

マッサージといてもふくらはぎや肩をほぐすわけではありません。

 

腸をマッサージするのです!

腸マッサージは腸の形に沿ってマサージをしていくことで効果的に刺激を与えることができると言われています。

 

腸は真正面から見た時に『の』の時をしているため、へその周囲を『の』の字でゆっくりとマッサージをするので『のの字マッサージ』と呼ばれる方法となります。

では、実際に腸マッサージのやり方をご説明していきます。

 

腸マッサージ①

「の」の字マッサージと呼ばれる方法になります。

 

まずは仰向けに寝て腰の下に座布団やクッション、バスタオルなどを入れて腰を軽く浮かした状態にします。

お腹に親指以外の指を当てて、お腹を優しく押しながら時計回りに動かしていきます。

 

イメージとしては、腸を押すというより軽く圧力をかける感じ。

マッサージをしていると、途中で何かが詰まっている箇所があると思いますがそれが腸内にとどまっている便で、便秘の原因です。

 

便が詰まっている場所を発見したら、便を肛門まで移動させるイメージでマッサージしてあげるとより効果的に便秘を解消することが期待できます。

のの字マッサージは最低でも1分以上は行うようにしましょう。

 


おへその左下に硬いしこりのようなものがあったのですが・・・? 

それは、便が詰まっている可能性が高いですね。

下の方に更に詳しくマッサージのやり方を紹介している動画があるので、それを参考にマッサージしてみてください。 

 

 腸マッサージ②

続いてはトイレで使える腸マッサージとなります。

 

トイレに座っている時『後少しで出そうなんだけど・・・出ない!』事があると思います。

そんな時に使うことが出来る方法なので、最後のひと押しとして試してみてくださいね。

 

この腸マッサージのポイントはお腹ではなく、背中をマッサージすることで腸に刺激を与える方法になります。

やり方はとても単純で、便がもう少しで出るって時に手を背中に回して腰と背中を上下にさするだけです。

 

背中には便秘に効果があるとされている大腸兪というツボがあります。

場所は背骨とベルトラインに沿って指2本分外側にある場所が大腸兪です。


出典http://kenko.it-lab.com/tsubo.php/109/

大腸兪とは大腸を治すという意味を持っているツボなので高い効果が期待できますよ!

 


見つけ方のコツは、背骨を上から辿り、骨盤のラインとぶつかった所の左右のキワです。

そこが大腸兪となります。 

 

腸マッサージのやり方実戦動画!

①ねじれ腸対策マッサージ

手をグルグル回しながら腸に刺激を与えていき、便づまりを起こしやすい左側を入念に刺激していく方法です。

最後は上から下方向へ押します。

 

 ②腸もみマッサージ

最初は指を開いて腸を揉むようにほぐしていきます。

おへその右下にある大腸からおへその上を通り便の出口付近まで便を移動させていきます。

 

特に左下は便が詰まりやすい場所となっているので、入念にマッサージをしてあげると効果敵です。

この腸マッサージは少し刺激が強めとなっているので、腹痛を起こしている場合は強く刺激しすぎないように注意して下さい。

 


強く押しすぎると駄目なんですね。 

はい、よく勘違いされがちなのですが、マッサージは強く刺激すれば良いのものではありません! 

 

マッサージ以外の便秘解消法はあるの?

腸マッサージ以外にも便秘解消をする方法はあります。

両者を組み合わせていくことで、もっと効果的に便秘解消が期待できます。

 

①水分補給

体が水分不足になってしまうと便が固くなってしまい、腸の中を移動しづらくなってしまい便秘の原因になってしまいます。

 

水分補給の時に避けたいのがジュースやカフェイン類で水分補給をしてしまうこと。

ジュース類には糖分が多く入っているので飲みすぎると糖尿病の原因になってしまいます。

 

コーヒーや緑茶などに含まれているカフェインは利尿作用があるため、体内の水分を出していくことになるので、水分補給には向きません。

そのため、水やノンカフェインのお茶類で水分補給をするのが良いでしょう。

 

また、ノンカフェインまでいかずともカフェインの含有量が少ない飲料を選びましょう。

 


ノンカフェインのお茶って具体的には何があるのですか? 

以下のものがノンカフェインです。

  • 麦茶
  • ルイボスティー
  • 黒豆茶
  • 杜仲茶

この中でも、ルイボスティーが特におすすめです。

ルイボスティーはスーパーエイジング茶と呼ばれるほど、美容や健康に良いお茶なんです。 

 

②オリゴ糖や乳酸菌を摂取

オリゴ糖や乳酸菌は腸内まで届くと善玉菌のエサとなるので、どんどん善玉菌が増えていクと言われています。

 

善玉菌が増えると腸内環境がよくなるので、大腸が便を押し出す運動も活発になり便秘の解消が解消されるとのこと。

加えて、オリーブオイルなどの良質な油を取ると便が腸内をスムーズに移動しやすくなると言われています。

 


オリゴ糖は市販されていますが、玉ねぎなどの食品にも含まれていますよ!

乳酸菌はヨーグルトに多く含まれていますね。

冷たいまま食べると腸を冷やして逆効果なので、レンジで軽く温めてから食べると良いですよ。 

 

③食物繊維を摂取

食物繊維と一言でいっても、2種類あるんです。

  • 不溶性食物繊維
  • 水溶性食物繊維

不溶性食物繊維は水に溶けない性質があり、便のかさを増やして便意を感じさせる効果があるとされています。

葉物野菜やきのこ類に多く含まれています。

 

水溶性食物繊維は水に解けて便の水分量を増やしてくれる性質があるとされています。

海藻類などに多く含まれています。

 

食物繊維の注意点として不溶性食物繊維を取りすぎると便秘が悪化してしまいますし、水溶性食物繊維を取りすぎると、下痢になってしまうので、バランス良く摂取しましょう。

不溶性と水溶性は2:1の割合で摂取するのが良いとされています。

 

産後の便秘解消法のまとめ

便秘は放置してしまうと美容に悪影響を及ぼすだけでなく、最悪の場合は命に関わる危険な症状となっています。

重症化する前に普段の食生活や生活習慣に注意していきましょう。

 

特に母乳育児をする場合は水分不足には注意が必要です。

水分不足は便秘以外にも体調を崩す原因にもなってしまうのでこまめに行いましょうね。

 

もし、今便秘に悩まされている場合は便秘解消マッサージを実践して少しでも便秘の解消に務めることをおすすめします。

下剤で便秘を解消すると、腸の働きが鈍ってしまうおそれがあるのでなるべく使用は控えて自然に排便をしていくことが本当の意味での便秘解消に繋がるでしょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

産後太りで体重が元に戻らない原因とは?

産後太りで体重が元に戻らない原因とは?

出産後の体重増加の理由・原因!病気の可能性も!?

産後太り解消法!産後1年過ぎても痩せないママもこれで痩せました

産後太り解消法!産後1年過ぎても痩せないママもこれで痩せました

産後太りを解消した芸能人のダイエット方法

産後太りを解消した芸能人のダイエット方法

産後うつは太る!?対策や悩みを相談する相手は!?

産後うつは太る!?対策や悩みを相談する相手は!?

出産後の体重管理でおすすめのスマホアプリ

出産後の体重管理でおすすめのスマホアプリ