産後の骨盤矯正ガードルで夏用や注意点ってあるの?

産後のお母さんの骨盤は歪んでいる可能性が高いんです。

歪んだまま放置していると思わぬ不調を呼び寄せてしまうことに・・・。

 

産後の骨盤を元の状態に戻すためには骨盤矯正ガードルを使うと効果的です。

でも、骨盤矯正ガードルを夏に着用すると蒸れたりするのが心配ですよね。

 

そこで、気になるのが『夏用の骨盤矯正ガードルはあるの?』だと思います。

ということで、今回は骨盤矯正ガードルに夏用があるのか、着用する時の注意点などについてお伝えしていきますね!

 


蒸れると肌荒れなどが心配なので、夏用の骨盤矯正ガードルがあるのか気になりますね。

 

スポンサーリンク

産後の骨盤矯正って何?

産後の骨盤矯正ガードルで夏用や注意点ってあるの?

産後のお母さんは妊娠と出産の影響で骨盤が開いていて、その状態のまま生活をしていると歪みやすくなってしまいす。

というのも、妊娠をすると赤ちゃんが産道をスムーズに通れるようにするために、女性ホルモンのリラキシンを分泌させて骨盤を開きやすい状態にしているんです。

 

通常の場合、産後は骨盤が少しずつ元の状態に戻りながら固まっていくのですが、便利になった現代の生活や日常の変な癖によって骨盤が歪んだまま固まってしまうことが多いんです。

 

自然分娩、帝王切開に関係なく、妊娠をすると骨盤が開きやすくなるのでどちらの出産だったとしても骨盤ケアは必要になります。

 

そして、骨盤ケアとは簡単にいうと骨盤矯正のことを言い、歪んでしまった骨盤を正しい状態に戻すことを意味しています。

方法はストレッチや整体、骨盤矯正グッズの活用などなど複数の方法があります。

 


便利になった生活とは具体的にはどういうのがあるのでしょうか?

例えば、エレベーターやエスカレータなどが該当しますね。

たまに使うのは良いのですが、常に利用してしまうと筋力の低下を招きます。

 

骨盤矯正の重要性

骨盤が歪んだままで放置しておくと思いもよらない事態を引き起こす可能性があります。

というのも、骨盤は体の中心部にあるため体の各機能と密接な関係があります。

 

骨盤が歪んでしまうと必然的に体のバランスが崩れてしまい、各機能が低下してしまうことに。

大げさに聞こえるかもしれませんが、骨盤はそれほど重要な部分なので歪んだまま放置するのは危険ともいえます。

 

例えば、内蔵。

骨盤が正常ならば、しっかりと収まるべき場所に収まっていますが、骨盤が歪んでしまうと垂れ下がってしまいます。

 

すると、内臓機能が低下してしまい。消化力が弱くなったり便秘に繋がってしまうのです。

 

産後に骨盤が歪む原因はこれ!

産後に骨盤が歪んでしまう原因は複数あるんです。

妊娠や産後の生活が関係している骨盤の歪みの原因を説明していきます!

 

原因①姿勢

妊娠をすると赤ちゃんの成長に合わせてお腹が大きくなっていくに伴って、お母さんの重心が前側に移動します。

 

そのままだと、倒れてしまうのでバランスを取ろうとして体は自然に背中を反ってしまいやすくなります。

そうすると、反り腰になってしまい骨盤が前側に傾いてしまうんです。

 

ちなみに、反り腰は腰痛やポッコリお腹の原因にもなるので要注意です。


骨盤は体の中心にあるので、バランスを取るためにもっとも重要な部分といえます。

その骨盤が歪むと全身のバランスが崩れてしまうのは容易に想像出来ますよね。 

 

原因②妊娠

先程もチラッとお伝えしましたが、女性は妊娠をすると赤ちゃんが産道を通りやすくするために、女性ホルモンのリラキシンを分泌して骨盤を開きやすくします。

リラキシンには骨盤周りや全身にある靭帯を緩める作用があります。

 

リラキシンは妊娠初期から分泌が始まって、産後は少しずつ分泌量が減っていくのですが、その間は骨盤周りをはじめとした体の靭帯が緩んでいます。

すると、靭帯で支えていた部分を全身の筋肉を使ってカバーするようになり、筋肉へ過剰な負担がかかってしまいます。

 

そして、いちばん重要な骨盤は緩んでいるだけでなく出産の影響で疲労が溜まっているため体を上手く支えることができずに骨盤が歪みやすくなってしまうんです。

 


骨盤が緩んでいるときに過剰に使うことで、歪んでしまいそのまま固まってしまうんですね。 

 

原因③出産

出産はお母さんの体へ大きなダメージをあたえることになりますが、その中でも骨盤底筋へのダメージが一番大きいと言われています。

骨盤底筋は『縁の下の力持ち』とも言われる筋肉で骨盤の底を支える役目を持つほか、子宮や大腸などの内臓を支える重要な筋肉です。

 

この骨盤底筋が出産によって大きなダメージを受けることで機能が低下してしまうことに。

その結果、骨盤をきれいな状態で支えることが出来ずに骨盤が歪んでしまうんです。

 


骨盤底筋の機能が低下すると一生そのままなのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。

骨盤底筋を鍛える方法もあるので、そういった方法を使うことで少しずつ強化していくことが出来ます。

 

原因④座り方

産後に日常生活を送る中での不自然な座り方は骨盤の歪みの大きな原因となっています。

横すわりやベッタンコ座りはもちろんのこと、スマホを操作する時に前かがみになったりするのはNGです。

 

このような姿勢は産後の骨盤が不安定な状態だと絶対に避けたい行動です。

また、脚を組む癖がある人も注意が必要です。

 

脚を組むことは骨盤の左右のバランスが崩れてしまうだけでなく、下半身の血流が悪くなって老廃物が溜まりやすくなるので脚が太くなる原因にもなってしまうのです。

 

脚を組むのは良いことが無いので産後は特に注意しておきましょう!

 


脚を組む癖があるので気をつけたいと思います。

血流やリンパの流れが悪くなるので、脂肪も蓄積しやすくなるので気をつけましょう!

 

産後の骨盤矯正ガードルとはどんなもの?

産後の骨盤矯正ガードルで夏用や注意点ってあるの?

骨盤矯正ガードルとは着用することで、骨盤周りをしっかりとサポートして歪んだ骨盤を正しい状態に戻す手助けをしてくれるアイテムのことです。

 

産後用の骨盤矯正ガードルは普通のガードルと作りが違うのです。

両者の違いはなんと言ってもお腹周りの部分。

 

普通のガードルは履き込みが浅いものが多く、産後の状態で履いてしまうとガードルがお腹に食い込みやすいんです。

食い込むと苦しいため長時間履いていられません・・・。

 

産後用の骨盤矯正ガードルをは履き込みが深く作られているので、お腹周りの脂肪やお肉立ちを包み込みながらウエストを高い位置でキープしてくれます。

そのため、産後の骨盤矯正をする場合は専用のガードルを使うことで高い効果を期待できるのでオススメします。

 


つまり、産後には産後用の骨盤矯正を使ったほうが良いということですね!

そうですね。

普通のガードルは使わない方が良いですね!

 

産後の骨盤矯正ガードルの効果は?

骨盤の歪みを解消するためにはヨガやサロンに通うなどの方法もありますが、どれも大変ですよね・・・。

それに、通い続けるとなると家計を圧迫することになります。

 

しかい、骨盤矯正ガードルだとそのような心配は不要で、一度購入すれば着用しているだけで自宅にいながら自然と骨盤矯正の効果を期待できるんです。

履くだけで手軽に骨盤矯正をできるということで、産後の骨盤矯正に人気のアイテムとなっています。

 

実際に、骨盤矯正ガードルを履くとどのような効果があるのか気になっている人もいると思うので、履くだけで期待できる効果をお伝えしていきますね!

 


維持費という面では購入金額だけで住むのが骨盤矯正ガードルの魅力と言えます。

近くの整体は一回の施術費用が3000円だったので、何度も通うのは家計的にもとても厳しいので、購入するだけで半永久的に使えるのは嬉しく感じます。

 

効果①血流を良くする

骨盤を矯正することで、血流やリンパの流れがよくなります。

 

体の中心部分にある骨盤は上半身と下半身を繋ぐ重要な部分で歪んでしまうと、全身の血流が悪くなってしまいやすくなります。

その結果、冷え性や倦怠感などにつながってしまいますが、骨盤矯正をして症状を改善することでエネルギッシュな体になれることでしょう。

 

血流は老廃物質を運ぶ役割もあるので、血流の改善は美容にも効果があります。

 

効果②痩せやすくなる

骨盤が整うことで内臓の位置も元に戻るため内臓機能も活発になり消化吸収がしっかりと行われるようになります。

 

実は、食事を消化するためにカロリーを消費するってご存知でしたか?

内臓機能が低下しているとちゃんと消化がされないため、食事での消費カロリーも減ってしまうので同じ食事量だとしても太りやすくなってしまいます。

 

それに、栄養もしっかりと吸収出来ないため、疲労が溜まりやすくなることにも繋がったり、腸の働きも衰えるので便秘になりやすいのです。

 

骨盤を整えることで体内に入ってきた食事からしっかりと栄養素も吸収出来るので、健康にも繋がります。


便が腸内に留まっていると、物理的にも体重が増えてしまうので、改善するだけでも体重は減りやすいですよ!

 

効果③ウエストが細くなる

骨盤が歪んでしまうと、背骨も歪みやすくなるので正しい姿勢を保つのが難しくなります。

姿勢が悪くなると本来ならば使われるはずの脇腹や腹筋、背筋といったお腹周りの筋肉を上手に使うことが出来ずに衰えてしまうんです。

 

そして、お腹周りの筋肉が落ちてしまうと、贅肉がつきやすくなってしまうんです・・・。

ですが、骨盤矯正をすると姿勢が整うので日常生活でもしっかりと筋肉を使えるようになるためお腹周りの贅肉立ちが落ちやすく、ウエストが細くなりやすいんです。

 

実は、筋肉にも脂肪が蓄えられているとご存知ですか?

筋肉を正しく使うことで、筋肉内の脂肪を燃焼していくことができます。

 

つまり、お腹周りの筋肉を使えるようになると、お腹周りの脂肪を徐々に減らしていくことになるのです。


なるほど!だからウエストが細くなっていくんですね!

 

効果④ヒップアップ

骨盤が開いたり歪んだ状態で放置してしまうとお尻が幅広く見えてしまうのです。

また、お尻の筋肉も落ちるので垂れ下がったりお尻に脂肪がついてしまうことで大きくなってしまいます。

 

骨盤矯正をすることでお尻の幅が狭まり、キュッと引き締まりやすくなるのでヒップアップの効果が期待できます。


お尻の筋肉は骨盤 についているので、骨盤が広がると一緒に広がってしまうのです。

逆に言うと骨盤が締まると一緒に小さく引き締まるということでもあります。

 

効果⑤脚痩せ

骨盤が歪んでいる状態だと下半身の血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなってしまうと、本来ならば体の外へ排出される老廃物がどんどん溜まってしまい、脚が太くなったりむくんでしまう原因に。

 

また、体のバランスが悪くなっているため脚へ不自然に体重が乗ることになるので、O脚やX脚の原因にもなってしまいます。

O脚やX脚はなってしまうと、細い足でも不格好に見えてしまうので女性ならば特に注意をしたいですよね。

 

骨盤矯正してO脚やX脚を改善すると、脚が真っ直ぐになり長く見えるだけでなく、体重が正しくのるので、余計な筋肉がつかなくなり細くなります。

また、血流がよくなっているのでむくみなども解消されるので、美脚効果も期待できるのです!

 


O脚やX脚になると脚へ変な風に体重が乗るので、太ももなどに余計な筋肉が尽きやすいんです。

それは知りませんでした!

 

産後の骨盤矯正ガードルの注意点はこれ!

産後の骨盤矯正のために骨盤矯正ガードルを着用する時にいくつかの注意点があります。

間違った使い方をすると骨盤矯正ガードルの効果を感じることが難しくなりますし、思わぬトラブルを招いてしまうことも・・・。

 

骨盤矯正ガードルを使う前に注意点をチェックしておきましょう!

 

注意点①着用するタイミング

産後にすぐ骨盤矯正をしたいからと、早すぎるタイミングで骨盤矯正ガードルを着用することはやめましょう。

 

産後の体はもの凄く疲れているため、回復する前に骨盤矯正を初めてしまうと体の回復が遅れてしまいます。

なので、体が回復してから骨盤矯正ガードルを着用しましょう。

 

具体的に言うと、悪露や子宮の収縮が落ち着いた頃合いが着用しても良いタイミングの事が多いので落ち着いてきたら医師に相談をして許可を貰えたら着用しましょう!


早すぎるのは駄目なんですね。

焦りすぎないように気をつけます。


母体の1ヶ月検診の結果も参考にすると良いですよ!

 

注意点②サイズ

骨盤矯正ガードルのサイズを間違えてしまうと高い効果は期待できません。

というのも、引き締めたいからと言ってきつすぎるサイズを選んでしまうと履くだけで体に大きな負担をかけてしまうことに。

 

具体的に言うと、内蔵圧迫や血流を阻害することに。

体を締め付けすぎると体の骨盤矯正ガードルの着用箇所で血流が遮られてしまうので、注意しましょう。

 

それに、長時間着用し続けることが出来ないので矯正の効果も感じ取ることが難しくなってしまいます。

 

注意点③寝る時

骨盤矯正ガードルは寝る時には外しましょう。

寝ている時もつけていると血流が悪くなるため十分な休息を取ることが出来ずに寝ているのに疲れが取れないという状態になってしまいます。

 

また、寝付きも悪くなりやすくて睡眠不足に繋がることもあります。

 

睡眠不足になってしまうと太りやすくなるという研究結果も出ており、ダイエットの妨げになってしまうので寝る時はガードルを外すようにしましょう!


なぜ、睡眠不足になると太りやすくなるんですか?

睡眠不足になると、食欲を抑えるホルモンが減り、逆に食欲を増加させるホルモンが増えてしまうからなんです。 

 

注意点④季節に合わせる

骨盤矯正ガードルは太もも~下腹部までの広範囲をカバーするため夏場は蒸れやすくなってしまうので通気性の良い物を選ぶと肌への負担が少なくなります。

逆に、冬は冷えやすいので保温効果のあるものを選んで体を冷やさないようにすることで体への負担を軽減することが出来ます。

 


通気性の良い物を選ぶのはわかりましたけど、そもそもそういった夏用の骨盤矯正ガードルはあるのでしょうか?

 

夏用の骨盤矯正ガードルはあるの?

産後の骨盤矯正ガードルで夏用や注意点ってあるの?

夏の汗ばむ季節に骨盤矯正ガードルを使う場合は太ももからお腹までの広範囲をカバーしているものを選ぶと、どうしても蒸れやすく肌への負担が大きくなってしまいます。

 

骨盤矯正ガードルには複数のタイプがあってその中でもショートタイプを使うのが良いでしょう。

ショートタイプとはいっても、腹部からヒップまでをしっかりとサポートしてくれます。

 

それに、ショートタイプの場合はミニスカートやショートパンツなどを履く時も着用すること出来るので夏場にはぴったりですよね。

 

短くなっているので、太ももが蒸れないようになります。

 

素材に関して言うと、コットンは吸水性が良く、水分を素早く蒸発させてくれます。

水分が蒸発すると気化熱によって涼しく感じます。

 

そのため、コットン素材を検討してみて下さい。

 


なるほど、短いものを選ぶのが良いんですね!

素材に関してはコットンですね。

コットンは夏場は涼しく、冬場は熱伝導率が低いので、体温を下げない特徴もあるので保温力にも優れていますよ。

 

骨盤矯正ガードルの夏用のまとめ

産後の骨盤は歪んでいることが多いため骨盤矯正を行う方が良いですが、サロンやヨガなどに通う場合はお金や時間がたくさんかかってしまいますよね。

でも、骨盤矯正ガードルであれば購入したら自分の好きなタイミングでいつでも骨盤矯正を手軽に行うことが出来るので着用してみることをオススメします。

 

骨盤矯正ガードルは広範囲をカバーしてくれるのでその分、夏場は蒸れやすくなってしまうので、夏用にショートタイプ

素材はコットンの骨盤矯正ガードルを1着は持っておくと良いかもしれませんね!

 

着用する場合は注意点をしっかりと守った上で正しく着用すると、しっかりと効果を発揮してあなたの体をより美しくしてくれることでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SES骨盤ショーツの効果や嘘で痩せない口コミ体験!

SES骨盤ショーツの効果や嘘で痩せない口コミ体験!

フライビシットとエクスレーヴはどっちがおすすめ!?口コミで徹底比較して見た!!

フライビシットとエクスレーヴはどっちがおすすめ!?口コミで徹底比較して見た!!

骨盤ショーツランキングの効果や口コミ!人気の理由を徹底分析

骨盤ショーツランキングの効果や口コミ!人気の理由を徹底分析

エクスレーブは効果なしで痩せない?サイズ選びや履き方・口コミはどうなの?

エクスレーブは効果なしで痩せない?サイズ選びや履き方・口コミはどうなの?