キャベツダイエット方法の効果!?危険って本当?

『ダイエットと言えば、キャベツ!』それくらい、ダイエットと使い繋がりがあるキャベツを使ったダイエット方法があります。

その名も、キャベツダイエット。

 

ヘルシーなキャベツを使ったダイエット方法なので高い効果が期待できると思いますが、実は危険とも言われているんです・・・。

 

今回は、キャベツダイエットの方法や効果、危険と言われる理由についてお伝えしていきます。


キャベツダイエットに危険が潜んでいるって初めて聞きました! 

なぜ危険なのかもお伝えしているので、しっかりと確認してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

キャベツダイエットは危険なの?

芸能人を始め、多くのダイエット挑戦者がキャベツダイエットを行って痩せたという情報があるため、キャベツを食べれば痩せるというイメージがありますよね。

そのため、正しい知識を持たずしてキャベツダイエットに挑戦をする人が増えています。

 

ですが、キャベツダイエットは正しく行わないと効果がないばかりか、危険でもあるということを知っておいて下さい。

 

せっかく、自分を変えようと頑張っているのにも関わらず効果が出なかったり体を壊してしまうのは報われないですから・・・。

 

キャベツダイエットは正しい知識を持って行うと効果が高いので、行う前は必ずその方法を確認しておきましょう!

 

キャベツダイエットとはどんな方法?

キャベツダイエット方法の効果!?危険って本当?

キャベツダイエットはキャベツを食べるダイエット方法のことです。

ですが、食べるキャベツは生というのがキャベツダイエットの特徴です。

 

きつい運動や食事制限が必要ないため、誰でも手軽に行えるダイエット方法として多くの人が挑戦しています。

 

なぜ、キャベツなのか。

 

キャベツは生の状態だと量が多くなりますし、繊維質なのでよく噛んで食べる必要があり、噛むことによって満腹感を感じやすく食べ過ぎを防ぐことが出来るからなんです。

 

それに、キャベツはカロリーも低いため多く食べても太る心配がないんですよね。

しかもキャベツには、ダイエットに有効な成分も含まれているんです!

 


キャベツは生で食べるからこそ意味があるんですね!

茹でたりすると、かさが減ってしまいますし、キャベツに含まれている一部の栄養素が壊れてしまうんです。

 

キャベツダイエットの効果は?

実際にキャベツダイエットではどのような効果を得ることが出来るのか。

 

単純にダイエット効果もありますが、キャベツに含まれている栄養素を摂取することによって起こる体への嬉しい効果についてもお伝えしていきます!

 

効果①体重減少

キャベツダイエットを行うことで、満腹感を得やすくなり食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

食べすぎないということはそれだけ一日の摂取カロリーが減るため、次第に体重が減少していくことを期待できます。

 


キャベツに含まれているカロリーもとても少ないので、キャベツをたくさん食べてもカロリーを抑えることができます。

 

体重②お通じを良くする

実はキャベツに食物繊維がそんなに多くは含まれていないってご存知でしたか?

キャベツがお通じを良くしてくれるのは食物繊維だけではなく、キャベツに含まれているビタミンUが大きく関係しているんです。

 

ビタミンUには胃の粘膜を強化して保護する働きがあります。

そのため、摂取することで胃酸がしっかりと出て食事の消化を上手く行うことが出来ます。

 

消化がしっかりされると腸の中で留まりづらくなるので排便がスムーズに行われやすくなるんです。

加えて食物繊維も入っているのでお通じの改善がしやすくなるんです。

 


ビタミンUとは別名キャベジンとも呼ばれることがある栄養素です。

 

効果③続けやすい

他のダイエットは食事制限があるものが多いですよね。

食べないことは人間にとって大きなストレスとなります。

 

ストレスがたまるとリバウンドの可能性も高まりますし、長続きしません。

キャベツをしっかりと食べることで満腹感を得ることが出来るのでこのような事を避けることが出来ます。

 

また、食事制限をしすぎるとストレスだけでなく、体の筋肉量が減ってしまい太りやすくなるので、メリットは何一つありません。

 

間違ったキャベツダイエットは危険?!

キャベツダイエットは、ただキャベツを食べているだけだと効果はありません。

それに、間違えたキャベツダイエットを続けることは危険なんです。

 

それにダイエット効果を期待することは出来ません。

キャベツダイエットに潜んでいる危険とは一体・・・。

 

 

危険①摂取カロリーの大幅な減少

摂取カロリーを減らしすぎるのは危険行為なんです。

たしかに、カロリーは過剰に摂取してしまうと太ってしまいますが、減らしすぎると今度はエネルギー不足になってしまいます。

 

エネルギー不足になってしまうと、体の各機能が低下してしまうので日常生活に支障が出てしまいます。

フラフラしたり、急に寒気を感じるようになった場合はエネルギー不足の可能性が高いです。

 

いわゆる低血糖の状態もエネルギー不足となります。

何故か疲れている、常に眠たい。

 

こういった症状が出ている場合は体からの危険信号の可能性もあるので注意して下さい。

 


カロリーを抑えれば良いと思っていましたが、それだけだと駄目なんですね・・・。 

カロリーは体を動かすために必要です。

悪いのはカロリーではなく、カロリーの摂りすぎや減らし過ぎなんです。

 

危険②筋肉量の低下

キャベツダイエットはキャベツを食べることによって満腹感を得るため他の食品の摂取量が低下してしまう場合が多いです。

 

そうなると、タンパク質の摂取量が減ってしまうことにも繋がります。

タンパク質の摂取量が減ってしまうと筋肉量が減少してしまい、体に力が入らなくなったり元気がなくなってしまうことに。

 

また、タンパク質は髪の毛や爪をはじめ、体の様々な部位を作るために使われている栄養素です。

そのため、毎日適量を摂取し続ける必要があるのです。


なぜ、タンパク質が不足すると筋肉量が低下するのでしょうか? 

筋肉はタンパク質からできているので、体にタンパク質が足りないと筋肉を分解してタンパク質を補充するからです。

 

危険③太りやすくなる

筋肉量の低下とも関係があるのですが、筋肉量が減少すると基礎代謝が落ちてしまって脂肪を燃焼しにくい体となります。

そのため、体についた脂肪はいつまでも落ちることなく、蓄え続けられていくので太りやすくなってしまうのです。

 

しかも、脂肪を落としにくい状態なので、痩せることも難しいという最悪の状況になってしまいます。

 


また、筋肉は体を引き締めてくれますが、その筋肉が無くなることで、締まりのない体になってしまいます。

 

危険④栄養失調症

キャベツは栄養素をしっかりと含んでいて体に良い食品であることは間違いないでしょう。

しかし、キャベツばかりを食べていると栄養のバランスが偏ってしまいます。

 

栄養のバランスが偏ってしまうと、抜け毛や集中力の低下など様々な悪影響が体に現れてしまいます。

また、各ビタミンやミネラルも不足するので、風邪を引きやすくなったりするなど免疫力の低下も招きします。

 


女性の場合は貧血なども起こしやすくなるので、特に注意が必要です。

 

キャベツダイエットが失敗する理由とは?

間違ったキャベツダイエットは危険があるとお伝えしました。

そもそもなぜ、キャベツダイエットで成功する人と失敗する人が出てくるのでしょうか。

 

実はキャベツダイエットで失敗する人にはある共通点があったんです・・・。

 


それを知っておけば、キャベツダイエットの成功確率を上げることができますね!

 

理由①タンパク質の量が少ない

キャベツを食べることばかりを意識していて、タンパク質の摂取量が減っている場合はキャベツダイエットに失敗する確率が高くなってしまいます。

 

先程もお伝えしたように、タンパク質は筋肉と深い繋がりがあり、摂取量が減ってしまうと筋肉量が減少してしまい、太りやすく痩せにくい体になります。

 

キャベツを食べることも重要ですが、タンパク質もしっかり摂取しましょう。

タンパク質は以下の食品に多く含まれています。

  • 大豆

これらの食品に多く含まれているので、キャベツと合わせて積極的に摂取しておきましょう。

 


肉類は太ると思っていましたが、しっかりと食べないといけないんですね!

肉を食べても太ることは殆どありません。

もちろん、脂身の多い肉は避ける必要がありますが、赤みの部分だけであれば、積極的に食べていくほうが良いですよ!

 

理由②キャベツしか食べない

キャベツダイエットだからといってキャベツばかりを食べていると失敗します。

キャベツダイエットはあくまでキャベツを食べることで食べ過ぎを防いだり摂取カロリーを減らしていく方法です。

 

キャベツだけを食べるダイエットではありません。

 

キャベツだけを食べていると栄養失調など非常に危険なので、キャベツ以外の食品も摂取するように心かげましょう。

 


キャベツだけを食べるイメージが有りましたが、違うんですね。 

もちろん、キャベツを中心に食べていく事ダイエット方法ではありますが、キャベツ”だけ”だと確実に失敗します。

 

キャベツダイエットの正しい方法とは一体・・・?

キャベツダイエット方法の効果!?危険って本当?

キャベツダイエットを成功させるための正しい方法についてお伝えしていきますので、キャベツダイエットに挑戦する前には必ず確認しておいて下さい!

 

方法①食前に食べる

キャベツダイエットは食前に食べるからこそ効果を発揮します。

食前に食べて満腹感を得ることで食べ過ぎを防ぐことが目的なので、食後に食べるのは意味が変わってきます。

 

また、キャベツは食前に食べることで食後の急な血糖値の上昇を防ぐことが出来るんです。

血糖値が急に上がってしまうと大量のインスリンを分泌することで体は脂肪を吸収しやすくなるのですが、それを防ぐことが出来るので必ず食前にキャベツを食べましょう!

 

また、血糖値が急上昇してしまうと食後の強い眠気の原因にもなるので特に注意が必要です。

食順ダイエットがありますが、あれも血糖値の急上昇を防ぐことが目的となっているのです。

 

つまり、キャベツで血糖値の急上昇を防ぐことはダイエットに高い効果を発揮することを意味しています。

 


朝食や昼食の後には強い眠気に襲われるのですが、これは血糖値の急上昇が関係しているのでしょうか? 

はい、食後に強い眠気を感じる場合の多くは血糖値の急上昇によるものとなっています。

炭水化物の過剰摂取も原因の一つとなっているのですが、キャベツを食べると糖質が体に吸収される速度をゆっくりにすることが出来るので、強い眠気の予防に繋がります。

 

方法②よく噛んで食べる

咀嚼の回数と満腹感は関係があるとご存知でしたか?

咀嚼回数が増えることで脳の食欲と関係のある満腹中枢という部分が刺激されて満腹感を得やすくなるのです。

 

キャベツを食べる目的は咀嚼回数を増やすためでもあるのでしっかりとよく噛んでキャベツを食べるようにすることがコツです。

それに、咀嚼回数が増えるということは食事の時間も自然と増えることに。

 

人が満腹感を感じるまでは約15分必要と言われています。

そのため、自然と満腹感を得やすくなることにも繋がります。

 


確かに、急いで食べた場合は、お腹が空きやすい気がします・・・。

『早食いは太る』と言われていますが、その理由が満腹感を感じないために、どんどん食べることが原因の一つとなっています。

 

方法③ヘルシーなドレッシングを使う

キャベツを食べる時にドレッシングを使用する場合はドレッシング選びに注意しないといけません。

ドレッシングの物によっては大さじ1杯で80kcalもあるドレッシングも存在します。

 

ごまドレッシングやシーザードレッシングなどはカロリーが高い傾向にあるので、青じそドレッシングなどのノンオイルドレッシングを使うのが良いでしょう。

 


ドレッシングの栄養表示のところにカロリーが記載されています。

脂質が多いのか、糖質が多いのかをそこで確認することができますよ!

 

方法④タンパク質を摂取する

何度もお伝えしていますが、それだけ重要なんです。

特に女性はタンパク質の摂取量が少ないと言われいるため必ず摂取するようにしましょう。

 

一般的な目安ですが、体重1kgあたり1g~1.2gのタンパク質は最低限必要と言われています。

例えば、体重50kgの女性であれば50g~60gのタンパク質の摂取が目安となります。

 

運動をしている女性であれば、もう少し摂取しても良いです。

 

タンパク質は多すぎても少なすぎても体に不調が出てしまうので注意してくださいね!

また、肉類などを摂取することで、満腹感を得やすくなったり、精神的にも満たされやすくなると言われているので、ストレス解消にも役立ちます。

 


ちょっと、ストレスが貯まったときには、お肉が食べたくなる時があります! 

実は、幸せホルモンのセロトニンの材料となるトリプトファンは肉類にたくさん含まれているんです!

 

キャベツダイエットを成功させる3つのコツ!

キャベツダイエット方法の効果!?危険って本当?

キャベツダイエットの方法を知った次は、成功させる確率を少しでも上げるためにコツを押さえておきましょう。

では、さっそくコツをご紹介します!

 

コツ①食べ合わせ

キャベツには便通を良くする効果があります。

そして、キャベツと一緒に食べることでもっと効果を高める食品があるんです。

 

それは、水溶性の食物繊維を含んだ食品です。

というのも、食物繊維には種類があります。

  • 不水溶性の食物繊維
  • 水溶性の食物繊維

この2種類があって、どちらもバランス良く摂取することで便通の改善に大きな効果を発揮します。

 

不溶性の食物繊維

不溶性の食物繊維は水に溶けない性質を持っています。

摂取することで、便のかさを増し便意を感じやすくなる効果があります。

 

繊維質の野菜に多く含まれているのですが、1つ注意点があります。

不溶性の食物繊維だけを摂取してしまうと、便秘になってしまいます。

 

というのも、便のかさだけがましても便の水分量が足りず、スムーズに移動しなくなるのです。

 


食物繊維ならなんでも良いと思っていたのですが、違うんですね!

食物繊維で便秘を解消するためにはしっかりとその種類と役割を知っておく必要があります!

 

水溶性の食物繊維

水に溶ける性質がある食物繊維のこと。

摂取することで、便の水分量を増やしてくれるので、便が腸内をスムーズに移動しやすくなります。

 

ただし、過剰摂取してしまうと水分量が多くなりすぎて下痢の原因になってしまいますので、こちらも摂取量には注意が必要です。

 

水溶性の食物繊維は海藻類などに多く含まれています。

 

コツ②アルコールの摂取は避ける

アルコールを摂取してしまうと食欲が出てきやすくなってしまうんです・・・。

せっかく、キャベツを食べて摂取カロリーを減らしているのにアルコールを飲んだことがきっかけでバクバクと他の食品を食べてしまうと意味がありません。

 

ただ、我慢のしすぎも良くないのでアルコールを摂取する日を週に1日設けるなどストレスを溜め込みすぎないように工夫する事がコツですよ!

 


確かに、お酒を飲むとつまみが欲しくなるときがあります・・・。

お酒は百薬の長と言われるので、適量であれば、血流を良くするなどの効果がありますが、一度飲むとついつい飲みすぎてしまうので、飲む量とつまみには注意してくださいね!

 

コツ③適度に炭水化物を摂取する

ダイエット中だからといって炭水化物を極端に避ける必要はありません。

 

ダイエット方法の中には炭水化物を一切取らないことを推奨しているものがありますが、危険なので絶対にやめておきましょう。

炭水化物は体のエネルギー源として必要ですし、食べることで便のかさや水分量を増やして便意を感じやすくする効果もあると言われています。

 

炭水化物を食べるにしても、白米よりは玄米。

パスタであれば、全粒粉を使ったものを選ぶことで血糖値の急上昇を防ぐことにも繋がりますので、参考にしてみて下さい。

 

とはいえ、炭水化物の過剰摂取は太る原因になるので、とりすぎには注意しましょう。

 


なぜ、玄米などのほうが良いのでしょうか? 

血糖値を上げやすい度合いを示すGI値というのがあるのですが、白米よりも玄米、全粒粉パスタの方がGI値は低く、血糖値を上げにくいことが証明されているからです。

 

キャベツダイエットのまとめ

ダイエット方法はすぐに新しいものが増えては消えてを繰り返していますが、キャベツダイエットは長い間残っています。

それだけ効果が高く、多くの人がダイエットに成功していると考えられますよね。

 

ただ、キャベツだけを食べる間違った方法で行ってしまうと効果はありませんし、危険です。

なので、キャベツダイエットをする際には、この記事に書いてある注意点や方法をしっかりと確認してから行ってくださいね。

 

キャベツはダイエット効果だけでなく、便通を改善するなどの女性に嬉しい効果があるので健康的に痩せていくことが出来るでしょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鍋ダイエット方法!食事やメニューは何がおすすめ?

夕食抜きダイエットの効果は痩せない?期間はどのくらいで危険なの!?

夕食抜きダイエットの効果は痩せない?期間はどのくらいで危険なの!?

産後におすすめの食事ダイエットランキング

産後におすすめのプチ断食の正しい方法って!?

産後におすすめのプチ断食の正しい方法って!?

豆乳ダイエット方法のやり方は簡単?効果や口コミ、生理中はどうなの?

豆乳ダイエット方法のやり方は簡単?効果や口コミ、生理中はどうなの?