産後太りで体重が元に戻らない原因とは?

産後太りで体重が元に戻らない原因とは?

『産後太りから体重が元に戻らないけど、どうすれば元に戻せるの・・・』

 

気がつくと、産後に体重が増えてしまい元に戻らず困っているお母さんは多いのではないでしょうか?

 

産後太りで体重を元に戻すためには原因を知り、正しい対応をしていくことが大切になってきます!

今回は産後太りから体重が元に戻らない原因についてお伝えしてきます。

 

スポンサーリンク

そもそも産後太りって?

産後太りとは出産を終えた後も、妊娠中に増えた体重が元に戻らないまま体重オーバーが続く状態。

 

産後ってなにかと体重が増えやすくなっているため、気をつけないと体重が元に戻らないままになってしまいます。

 

出産をした後は、育児疲れなどで体重が元に戻ると思っていたお母さんからするとショッキングなことですよね。

 

さらに、体重が増えるだけでなく体型も元に戻らないのです。

ですが、ここで慌てて無理なダイエットは絶対にやめましょう!

 

そもそも、産後太りで体重が元に戻らない原因とは一体なんなのでしょうか。

 


体重は他の人にはわかりませんが、体型は一目で分かってしまうので、それは嫌です・・・。


体重だけでなく体型に変化が出てしまうのは絶対に避けたいですよね。

 

 

産後太りから体重が元に戻らない原因とは?

妊娠をすると母体の体重は赤ちゃん、胎盤、羊水、子宮・乳房・血液が合わさって、平均で10kg前後体重が増えると言われています。

 

増えた体重は産後、3~4kg減少し産後3ヶ月くらいまで妊娠前の状態に戻ろうと体重が落ちやすくなり、産後6ヶ月ほど経つと体重は安定し始めます。

 

ですが、出産をしてもすぐに体重は元に戻るりません。

そこで、次は産後太りで体重が元に戻らない原因についてお伝えしていきます。

 

原因その①骨盤の歪み

女性は妊娠すると、出産の際に赤ちゃんが産道を楽に通れるように、骨盤まわりの靭帯や骨盤を支えている骨盤底筋が緩み、骨盤が開いていしまい歪んでしまうと言われています。

 

通常、開いた骨盤は時間の経過と共に、元に戻りながら固まっていくのですが、骨盤周囲の筋肉や足の筋肉の不足が原因で骨盤が開いたまま固まってしまうことがあります。

 

骨盤が緩んだ状態だと、血流が悪くなり、体中に上手く酸素や栄養素が行き届かなくなり、基礎代謝が低下していまいます。

 

人の体は酸素と栄養素からエネルギーを作り出しているので、不足するということはその分、体の各機能が低下した状態になってしまいます。

その結果、太りやすく、痩せにくい体になってしまうんです。

 

さらに、骨盤底筋が緩んだ状態だと内臓が正しい位置から下がってしまい、正しく機能しなかったり、ポッコリお腹の原因にもなります。

 


体重は軽くて見た目は細いのにお腹だけがポッコリしている場合は内蔵が垂れ下がっている可能性が非常に高くなっています。

体重を落とすだけでは本当の意味で痩せることは出来ないんですね! 

 

原因その②腹筋が伸びる

妊娠すると腹筋が赤ちゃんによって押し上げられ引き伸ばされてしまいます。

腹筋は内蔵を守る役目がありますが、緩んで伸びた状態だと本来の役目を果たすことが出来ず、体は脂肪で内蔵を守ろうとするため、お腹周りに脂肪がつきやすくなります。

 

原因その③ホルモンバランスの乱れ

通常、女性は妊娠をすると女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが増え続け、産後はどちらも減少していきます。

 

それぞれの役割はいかの通り。

  • エストロゲンは脂肪の代謝を促し、食欲を抑える
  • プロゲステロンは水分や脂肪を溜めこみやすく、食欲が増加

このようにとなっています。

 

人によってはエストロゲンだけが減少し、プロゲステロンの分泌がしばらくの間続く人もいるのです。

 

その結果、食欲を抑えることは出来ない上に、体は脂肪が付きやすい状態となっているのです。

ただ、プロゲステロンは完全な悪者ではなく、基礎体温を上げたり乳腺を発達させるなど育児に必要な体にしてくれる役割があります。

 

原因その④食事量の増加

育児をしていると授乳を行います。

授乳は思っているよりもカロリー消費が高く600~800キロカロリーものエネルギーを消費しているんです。

 

大体1時間位のジョギングと同じくらいの消費カロリーなのです!

消費するということは、その分体がエネルギーを必要とするので食欲が増してくるのです。

 

授乳時期は赤ちゃんの成長に必要な栄養素を確保するためにも、普段の食事量にプラスした方が良いのも事実です。

 

ですが、ここで食べすぎてしまうのが産後太りの大きな原因になってしまいます。

授乳時期が過ぎても食事量が増えたままだと確実に体重が増え続けてます。

 

なので通常であれば、卒乳したら食事量を減らすように意識するのが重要です。


授乳期中は食事量を減らそうかな・・・。 

太ることを懸念するあまり食事量を減らしすぎると赤ちゃんにしっかりとした母乳を与えることが出来ず、育児に悪影響が出てしまうので気をつけて下さい。

 

原因その⑤運動量の低下

妊娠中は体を動かすことがほとんどなかったために、その習慣が身につき、産後も体を動かす機会が少なくなり、消費エネルギーが低下し、産後太りしやすくなります。

運動量が低下すると、筋肉量の低下にも繋がるんです。

 

筋肉量が減少すると、基礎代謝が低下し、消費エネルギー量も減ってしまうので、産後太りの原因となります。

 

筋肉が減ると、体に締まりがなくなり、どよーんとしたおばさん体型の原因になってしまうので注意が必要です。

 


基礎代謝が減っても摂取カロリーが以前と同じであれば、太っていくのは仕方がないですよね・・・。 


ちょっとした時にスクワットをしてみるだけでも効果はあるので、試してみて下さい。

 

原因その⑥妊娠中に溜まった脂肪

妊娠すると母体は赤ちゃんを外部の衝撃、冷えなどから退治を守ろうと、皮下脂肪を蓄え始めます。

皮下脂肪の厄介なところは一度付くと落ちにくいんです。

 

産後は食事量が増えやすく、運動量も少なくなり、摂取カロリーが消費カロリーを上回った状態が続きやすくなります。

 

摂取カロリー>消費カロリー

この状態が続くと脂肪はどんどん増え続けていくばかりです。

 

産後太りで体重が元に戻らない原因のまとめ

妊娠をすることで、ホルモンバランスが崩れ、体は太りやすい状態になっています。

そして、授乳時期に増えてしまい食欲がもとに戻らないまま、生活を続けていると過剰なカロリー摂取につながり、産後太りが加速してしまいます。

 

体型面では出産で骨盤が開いたままになってしまい、内蔵の位置が下がってきて、ポッコリお腹になり、基礎代謝の低下を招くことに。

このように産後太りに体重が元に戻らない原因は複数の要因が絡まって起きてしまうんです。

 

そのため一つひとつ、アプローチしていくことが大切なんです。

続いては産後太りの解消法についてお伝えしていきます!

 

産後太りに体重が元に戻らない時の解消法は?

産後太りの原因を知った次は産後太りに体重が戻らない場合どうすればよいのか、解消法についてお伝えしていきます。

ただし、一つ注意していただきたいのが、産後1~2ヶ月以内の産後ダイエットは厳禁です!

 

産後は出産で消耗した体が少しずつ回復する時期です。

この時に、産後ダイエットで体に余計な負担をかけると、回復を遅らせるだけではなく、体を壊す原因になってしまうんです。

 

解消法①骨盤矯正をする

産後太りを解消するためには骨盤矯正をして骨盤を締め直してあげることが大切です。

骨盤が元に戻らないとポッコリお腹をはじめ、体型を崩す原因になる恐れがあります。

 

骨盤矯正は、整体に通うなど一度プロに診断してもらうほうが良いです。

産後1年経っていれば整体に通うことが出来ますよ。

 

自分で骨盤矯正をする場合は動画サイトにやり方も載っているので参考に行うのが良いでしょう。

 

産後は骨盤が柔らかくなっているので、矯正する絶好のチャンスでもあるのでこの機会に適切に骨盤矯正を行うのがよいでしょう。

 

そのために骨盤ベルトを使うのも一つの手段です。

また、最近は骨盤ベルトではなく、履くだけで簡単に骨盤矯正ができる、骨盤矯正ショーツが話題となっているのでそちらをチェックしてみて下さい。

 

解消法②食生活の見直し

産後太りで体重が元に戻らない元凶といっても過言ではないのが食生活。

授乳時期に増えた食欲がその後も元に戻らないまま、食べ続けていると、確実に体重が増え続けます。

 

授乳時期であれば授乳によってエネルギーを消費するので良いですが、その後も食欲に任せて食べ続けるのはNGです。

更に産後間もないころは赤ちゃんの夜泣きなどで生活習慣が乱れたり、睡眠不足が続きやすくなります。

 

睡眠不足になると、食欲を抑えるホルモンが減少し、食欲を高めるホルモンの分泌量が増えてしまうんです。

そのため普段より食べてしまい、結果的に産後太りに体重がもとに戻らないどころか、増え続けてしまうんです。

 

解消法③食事改善のポイント

食事だと、炭水化物の過剰摂取が産後太りの大きな原因になります。

炭水化物は糖質と食物繊維の総称ですが、白いご飯やパン、麺類などのいわゆる主食には糖質がたくさん含まれています。

 

そのため、『気がついたら過剰に摂取していた・・・』なんてこともあります。

 

過剰に摂取された糖質は脂肪として体に蓄積されていくので、適切な摂取を心がけましょう!

 

ですが、極端な糖質制限を行ってしまうと、体のエネルギーが不足して疲れやすくなるばかりか、エネルギーを溜め込もうと、脂肪を蓄えやすくなるので注意が必要です。

 

そして、大切なのがタンパク質の摂取です。

お肉や魚、大豆に多く含まれていて体の組織を作る一番大切な栄養素こそがタンパク質となっているのです。

 

タンパク質が不足してしまうと、筋肉量の低下を招き基礎代謝が減少してしまい、太りやすくなります。

それに加え、骨が脆くなってしまう上に貧血にもなりやすくなるので、タンパク質不足には注意しましょう。

 


タンパク質はちゃんと摂らないと駄目なんですね!

タンパク質は他に女性の命とも言える髪の毛もタンパク質から作られています。

そのため、不足すると抜け毛や傷んだ髪の毛になってしまいます。

 

解消法④ビタミン類の摂取

野菜に多く含まれているビタミン類の摂取も欠かしてはいけません。

タンパク質が体を作る材料でビタミン類は体調を整える材料になります。

 

特に、エネルギー消費に関わるビタミンB群はしっかりと摂取しておきたいところ。

ビタミンB郡は食事で摂取した栄養素をエネルギーに変える役割があるため不足すると摂取したのに上手く使われずに体に蓄積してしまいます。

 

解消法⑤手軽な運動

産後太りを解消するためには、運動をすることも大切です。

運動をすることで血液循環が高まりエネルギー消費量が増えやすくなる上に、基礎代謝を上げる筋肉もついてきます。

 

ハードな運動は続けにくいので、まずは手軽な運動から始めるとストレス解消にもなって一石二鳥ですよ。

 

産後太りで体重がもとに戻らない場合の解消法についてお伝えしてきました。

 


勉強になりました! 


解消法を確認したところで、つづいては実際にどう行うのかについてご紹介していきます! 

 

産後太りに体重が戻らない時の解消法!

骨盤体操

産後に開いてしまった骨盤を締めるにおこなう体操です。

骨盤をしめることでポッコリお腹の改善にも役立ちます。

 

骨盤矯正ヨガ

寝たままで手軽に行えるヨガです。

骨盤矯正に効果を発揮してくれます。

 

最初は動画のように、体が柔軟に動きにくいかもしれませんが、無理に伸ばさないように注意して下さい。

 

スクワット

通常のスクワットに上体の動きを入れることで、下半身と背中を鍛えることが出来るスクワット方法です。

全身の筋肉の約7割が下半身に集まっており、上体では背中が一番大きな筋肉になってします。

 

そのため、下半身と背中を鍛えると、筋肉量が増え、基礎代謝が増えやすくなります。

 

産後太りから体重が元に戻らないのまとめ

今回は、産後太りで体重が元に戻らない原因と解消法についてお伝えしました。

原因は1つではなく複数の要因が関係しているので、少しずつ改善していくことが産後太りを解消する事に繋がります。

 

産後は育児などで時間が取りにくいですが、ちょっとした時間を上手く使ってダイエットに取り組んでいきましょう。

 

また、産後太りを解消するのには運動だけではなく、食生活の改善も大きなポイントになっているので、ご紹介したように糖質の過剰摂取は避けて下さい。

 

産後太りを解消しようとするあまり、育児に影響が出てしまうと元も子もないので、最優先は可愛い我が子にしましょうね。

 

いつまでも若々しく、健康なママでいられるように産後太りを解消しましょう。

そうすれば、愛おしい我が子も喜んでくれますよね。

 

解消していくのは大変ですが、まずは少しずつ取り組んでいきましょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

産後太りを解消した芸能人のダイエット方法

産後太りを解消した芸能人のダイエット方法

産後太りでお腹周りがぶよぶよ!痩せるためのダイエット方法!

産後太りでお腹周りがぶよぶよ!痩せるためのダイエット方法!

出産後の体重管理でおすすめのスマホアプリ

出産後の体重管理でおすすめのスマホアプリ

出産後の体重増加の理由・原因!病気の可能性も!?

産後うつは太る!?対策や悩みを相談する相手は!?

産後うつは太る!?対策や悩みを相談する相手は!?

産後太りで痩せたい!帝王切開後の痩せない原因や痩せる方法

産後太りで痩せたい!帝王切開後の痩せない原因や痩せる方法