産後の骨盤ベルトはいつからいつまで?寝る時や付け方を教えて!!

産後の骨盤ベルトはいつからいつまで?寝る時や付け方を教えて!!

産後に骨盤が開いたまま放置すると、体型の崩れや体重が増加する原因になってしまいます・・・。

そんな、産後の骨盤の歪みを矯正するためには骨盤ベルトが効果的です。

 

今回は、骨盤ベルトを付ける期間はいつからいつまでなのか、寝る時も付けるのか骨盤ベルトの付け方や注意点についてお伝えしていきます。

 


骨盤ショーツというのとは同じなのですか?

骨盤ショーツとは別物となっているので、お間違いのないように!

 

スポンサーリンク

骨盤ベルトとは一体何?

骨盤ベルトとは骨盤を固定させるベルトのこと。

 

女性は妊娠をすると、リラキシンと呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されます。

このリラキシンが分泌されることで骨盤を支えている筋肉や靭帯が緩み、赤ちゃんが産道を通れるようになります。

 

そして、産後に少しずつリラキシンの分泌量が減少し、骨盤は自然と元に戻ろうとします。

その時に体のサポートをするのが骨盤ベルトなんです。

 

骨盤ベルトと混同されてしまいがちなのが、妊婦帯と腰痛ベルト。

似たようなアイテムですが、目的が全く違うんです。

 


自分にあったものを探すためにもそれぞれの目的を知りたいです。

では、それぞれの目的の違いを確認していきましょう。

 

妊婦帯について

妊婦帯は腹部の保護が目的の腹帯。

 

妊婦帯を巻くことで、妊娠中のお腹をサポートして母体を楽にしたり、お腹の冷えからお母さんと赤ちゃんを守ってくれるんです。

 

妊娠中は腹部の皮膚が伸びて薄くなり、普段よりも冷えやすい状態になので妊婦帯を巻くことで防ぐことが出来ます。

お腹の赤ちゃんが成長するとお腹は大きくなり、母体の腰に負担がかかります。

 

妊婦帯を巻くことでお腹のサポートができ、腰への負担を減らしたり、姿勢が悪くならないようにする事ができます。

 


母体と赤ちゃんを冷えから守ってくれるんですね。

そのため、寒い時期にも使えるグッズとなっています。

 

腰痛ベルトについて

腰痛ベルトとは腰痛が発症した時に体をフォローするもの。

 

腰痛を感じた時に、腰痛ベルトを付けることで腰椎を固定し上半身の動きを制限させて、腰への負担を減らしてくれるアイテムです。

予防するためではなく、痛みを軽減させるものなので、痛みが出ていない状態では腰痛ベルトを着用しないので注意して下さい。

 


腰痛ベルトは妊娠中だけに使うわけではないんですね。

はい、あくまで怪我のサポートをするのが腰痛ベルトになります。

 

さて、妊婦帯と腰痛ベルトについてご紹介しました。

それぞれの目的は違うので、産後の骨盤矯正を目的とする場合は妊婦帯や腰痛ベルトではなく、骨盤ベルトを使いましょう。

 

続いては、産後の骨盤矯正の必要性とメリットについてお伝えしていきます。

 

産後に骨盤ベルトは必要?

出産の影響で産後は骨盤が開いた状態になっています。

 

骨盤は通常だと、約6ヶ月ほどの期間をかけて、少しずつ元の位置に戻ろうとしますが、産後すぐの状態は特に骨盤が不安定な状態で違和感を感じやすくなります。

 

産後の過ごし方によっては、骨盤が開いて歪んた状態のまま固まってしまうこともあるんです。

育児をする過程で赤ちゃんを抱っこしたり、下を向いたままで授乳をするなど、何かと姿勢が悪くなりがちです。

 

その他で気をつけたいのは座り方。

  • 横座り
  • 足を組んで座る
  • あぐら

こういった座り方はやめましょう。

このような姿勢が習慣化してしまうと、産後の骨盤がさらに歪むんです。

 

また、産後は妊娠や出産の影響で骨盤周りの筋肉をはじめ、体全体が大きく疲労しています。

その時に、骨盤ベルトを付けることで筋肉や体の負担を減らすことができます。

 

さらに、負担を減らすだけではなく、骨盤を正しい位置に戻す手助けもしてくれるので、骨盤の歪みを解消してくれる効果も期待できます。

 

特に、産後は骨盤が緩んでいるので、骨盤矯正の効果が現れやすいタイミングなので、骨盤矯正を行うのにはもってこいのタイミングです。

 

もし、産後に骨盤矯正を行わず、歪んだ状態のままで放置してしまうと思わぬ不調を招くことになってしまいます。

 

骨盤が開いて歪むと・・・

骨盤が開いて歪んた状態になると骨盤周辺の血流が悪くなり、全身の血液循環、水分代謝が悪くなり、むくみや老化の原因になってしまいます。

 

代謝が悪くなると、脂肪の燃焼がしづらい体になるので、太りやすくなってしまうんです。

 

骨盤が開くことで、内蔵が正しい位置から下がってくるので、下腹部が出てしまい、ポッコリお腹にもなってしまうんです。

内蔵の位置がズレると正しく働かないため、女性の大敵である諸症状を発症してしまうことに。

 

例えば以下のもの。

  • 冷え性
  • 貧血
  • 便秘

こういった様々な不調が起こってしまいます。

 

全身のバランスも崩れて、歩きづらくなる、肩こり、姿勢が悪くなったり日常の動作にも影響が出てしまいます。

 


骨盤はそれほどまでに重要な器官なので、しっかりと整えておく事が大切です。

 

産後の骨盤ベルトはいつからいつまで付けるの?

骨盤ベルトは産後直後が一番効果的と言われています。

何度もお伝えしているように、産後は骨盤周辺の筋肉が緩んでおり、柔らかい状態になっているので、矯正をする絶好のタイミングです。

 

産後直後が効果が高いとはいっても、すぐに骨盤が固まり始めるわけではないので、底まで急ぐ必要はありません。

ですが、遅くとも産後1ヶ月以内に骨盤ベルトを着用することで高い効果が期待できます。

 

帝王切開で出産をした場合

帝王切開で出産をした場合であっても骨盤は開くので、帝王切開でも骨盤ベルトは着用したほうが良いです。

 

ただし、傷口が痛む状態で骨盤ベルトを付けていると傷口が開いてしまう危険性があるので無理は禁物です。

傷口にタオルを当てるなど、痛まないようにするための工夫はあります。

 

ですが、帝王切開後に骨盤ベルトを着用する際は医師や看護師に相談をしてから着用することで思わぬ事故を防ぐことが出来ます。

 


自然分娩の時とは対処が変わってくるんですね。 

帝王切開で出産された場合は特に体に気を配るようにしましょう。

 

骨盤ベルトはいつまで付けるべきなのか

骨盤矯正に効果があるといっても、いつまでも付けているのはNGです。

骨盤ベルトの着用期間の目安は産後1~2ヶ月、長くても3ヶ月に留めましょう!

 

骨盤矯正に効果があるからと長期間骨盤ベルトを付け続けてしまうと、骨盤周りの筋肉が衰えてしまいます。

骨盤周りの筋肉が落ちてしまうと、骨盤ベルトを外すと不安定な状態になってしまい、骨盤を矯正するどころか、逆に不安定になってしまいます。

 


ずっと着用するのは駄目なんですね。

筋肉は使わないと衰えてしまうので、ある一定の期間を過ぎたら少しずつ使ってあげるようにしましょう。

 

産後の骨盤ベルトの選び方は?

骨盤ベルトは適切なものを選ばないと高い効果は期待できません。

まずは骨盤ベルトの選び方をしっておきましょう!

 

選び方①体のサイズに合わせる

大きすぎる、小さすぎるなど、体のサイズに合っていない骨盤ベルトを付けてしまうと、効果がない上に体を傷つけてしまうことに。

あらかじめ、腰骨周りのサイズをメジャーで測っておき、対応したサイズの骨盤ベルトを購入しましょう。

 


お腹周りではないんですね。

 

選び方②素材の確認

骨盤ベルトに使われている素材は硬いものと柔らかいものがあります。

素材によって伸縮性や感触も違うため、ご自身の生活スタイルや好みで選ぶのが良いでしょう。

 

硬い素材のものは固定力が強い反面、分厚く動きにくい上に服装に影響しやすいので外出には向きません。

柔らかい素材のものは、固定力がやや弱いもの、フィット感があって動きやすいため外出にはこちらのほうが向いています。

 

産後の骨盤ベルトの付け方を教えます!

骨盤ベルトは正しく付けないと効果がないばかりか、悪い影響を与えることがあるので、注意が必要です。

 

骨盤ベルトを付ける正しい位置は恥骨と大転子のラインとなります。

  • 恥骨:へそのまっすぐ下、股の上にあたりにある硬い骨
  • 大転子:恥骨から左右にある出っ張りのある太ももの付け根にある骨

この両者のラインに沿って骨盤ベルトを付けます。

 

そして、上前腸骨棘の位置も確認しておきましょう。

上前腸骨棘は両手を腰に当てた時人差し指あたりの大きな骨の事で、骨盤ベルトは上前腸骨棘にかからないように付けます。

 

イメージとしては、お尻に巻く感じです。

上前腸骨棘に付けてしまうと、骨盤の開きを促進してしまうので注意しましょう。

 

つづいて、骨盤ベルトの具体的な付け方をご紹介していきます。

 

付け方①骨盤ベルトを正しい位置にかける

まずは、立ったままで恥骨、大転子のラインで後ろからお尻を包むようにベルトを前に回します。

上前腸骨棘にかからないように注意しましょう。

 

付け方②骨盤高位になる

骨盤高位とは仰向けになりお尻の下にクッションなどを起き、骨盤が胸よりも高い位置に来ることです。

産後直後は骨盤が開いており、内蔵が下がっているため、立ったまま着用しても効果が薄いばかりか、内蔵を圧迫してしまう可能性があります。

 

骨盤高位の体勢を取ることで、内蔵を正しい位置に戻した上で骨盤ベルトを付けることが出来ます。

 

付け方③骨盤ベルトを締める

ベルトの位置がズレていないかを確認したらベルトを締めます。

この時にきつく締めすぎると体に悪影響が出るので注意してください。

 

骨盤は生理周期に合わせて微妙に動くものですが、骨盤ベルトできつく締めすぎると動くことができず、月経前症候群の原因になってしまいます。

 

加えて、血流が悪くなるので代謝が上手く行われず、むくみや老化の原因になりますので、骨盤ベルトを締めすぎるとデメリットしかありません。

 


少しでも効果を出したいので、きつくすれば良いと思っていました。


骨盤ベルトを付ける時は余裕をもたせることがポイントです! 

 

産後の骨盤ベルトの注意点

産後に骨盤を締めることを意識しすぎると、産後から約1ヶ月間、子宮から排出される悪露の排出を妨げる可能性があります。

正常に悪露が排出されないと母体の回復が遅れてしまうため、骨盤矯正どころではなくなってしまい、最悪の場合は体調を崩してしまいます。

 

また、長期間骨盤ベルトを付けているのは望ましいことではないので、徐々に1日の着用時間を減らしていくことが大切です。

 


悪露(おろ)とは分娩後の子宮から排出される分泌物で胎盤の一部や血液、粘液を含んでいます。 

 

骨盤ベルトの付け方の動画はこちら!

実際に骨盤ベルトの付け方を紹介している動画をご紹介します。

 

骨盤高位の付け方

多くのあ母さんから人気のトコちゃんベルト2の付け方を解説している動画です。

骨盤高位の状態を確認することが出来ます。

 

骨盤ベルトを立ったままの付け方

お尻を包み込むようにしないと、上手く骨盤を支えることが出来ません。

字幕付きで丁寧に紹介されているので分かりやすいです。

 

産後の骨盤ベルトは寝るときも付けるの?

骨盤ベルトは寝るときは外しましょう。

 

骨盤ベルトの役割はあくまで骨盤を正しい位置に戻すサポートをする物であるため、1日中付けていると、体本来の能力が衰えてしまいます。

 

日中は不安定な骨盤をサポートするために、骨盤ベルトを着用するのは良いですが、寝るときも付けていると骨盤周辺の筋肉が低下してしまうんです。

 

骨盤周りの筋肉が衰えてしまと、いつまでも骨盤ベルトに頼らないといけない体になってしまいます。

骨盤周りの筋肉が低下すると、尿もれなどの原因になってしまいます。

 

また、骨盤ベルトを付けていると血流が悪くなりやすいので、睡眠の質が下がり、睡眠不足になり、回復が遅れてしまいます。

 


ちなみに、睡眠は時間よりも質が大切と言われています。

 

それに、骨盤ベルトは正しい位置に付けて効果がありますが、寝ている時にズレてしまう可能性があります。

寝ているときにズレても治すことは出来ず、逆効果になる恐れがあるので寝るときの着用はおすすめしません。

 

ただ、例外もあって、腰痛のひどい方や子宮頸管が短くなっている方は寝るときも付けた方が良いと言われています。

詳しくは医師や看護師と相談するのが良いでしょう。

 

産後の骨盤ベルト着用期間のまとめ

産後に骨盤ベルトは役に立つものですが、着用方法を間違えてしまうと、効果が望めないばかりか、逆効果になる恐れもあります。

産後は骨盤矯正をするタイミングではありますが、効果を望みすぎて、ベルトを締め過ぎたり1日中付けているなど、極端な事は体に悪影響を及ぼすので注意して下さい。

 

寝るときは睡眠の質の低下や骨盤周りの筋肉が衰える原因にもなるので着用は控えて、体をリラックスさせてあげることが1日も速い回復につながります。

骨盤ベルトを正しく使うことが、骨盤矯正への一番の近道となります。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

産後の骨盤矯正ガードルおすすめ人気ランキング!口コミもチェック!

産後の骨盤矯正ガードルおすすめ人気ランキング!口コミもチェック!