産後におすすめの食事ダイエットランキング

産後は体重が増えてしまいがち。

増加した体重を落とすための方法は大きく分けると2つあります。

  1. 運動ダイエット
  2. 食事ダイエット

この2つになりますが、運動ダイエットの場合はきつそうですし体を動かすのが苦手という方もいらっしゃると思います。

 

それに、産後は出産による疲れや体にダメージが残っているので、なかなか体を動かすのは難しいですよね。

 

そういった場合には、食事ダイエットに取り組むのが良いかもしれません。

とはいえ、食事ダイエットは複数のやり方がありますし、どれが効果的なのか分からずに困ってしまうと思います。

 

なので、今回は産後におすすめの食事ダイエットのランキングを紹介していくので取り組みやすそうなものを選んでチャレンジしてみて下さい!

 


運動をしたくないので、食事ダイエットに取り組んでみたいと思っていました。

運動が苦手な人は食事ダイエットをするとみるみる痩せていくことでしょう!

 

スポンサーリンク

痩せるためには運動しかない?

産後におすすめの食事ダイエットランキング

『痩せるためには運動をするしかない』

そう思っている人は多いかもしれません。

 

間違いではありませんが、運動だけで痩せるのはとても大変なんですよ・・・。

痩せるために必要な事は、消費カロリーが摂取カロリー上回ることです。

 

なので、運動を頑張ったとしても食事で摂取カロリーが増えていれば痩せることは出来ません。

 

しかも、運動で消費するカロリーは思っているよりも多くはないんです。

アスリートのような激しい運動をする場合は別ですが・・・。

 

それに、運動をするよりかは摂取カロリーを抑えるほうが簡単です。

例えば、一日の摂取カロリーを500kcal抑えれば、約60分のジョギングでカロリーを消費したのと同じ事になります。

 

毎日60分のジョギングを続けるのと500kcal抑えるのはどちらが簡単そうですか?

恐らく後者と答える方が多いと思います。

 


運動をするから痩せるのではないんですね。


運動をして消費カロリーを上げることで、結果的に痩せていくので、食事で摂取カロリーを抑えるのとほぼおなじことに成ります。

なので、運動が苦手な人は摂取カロリーを抑えれば体重を落とすことができます。

 

食事ダイエットの注意点とは一体・・・?

食事ダイエットに取り組む際の注意点があります。

食事ダイエットの成功率を上げるためにも予めチェックしておきましょう。

 

注意点①食べる量

それは、極端に食べる量を減らしすぎることです。

 

食べる量を減らせば摂取カロリーを減らす事ができるので痩せることが出来ると考えるのは危険です。

というのも摂取カロリーを減らしすぎると落ちるのは体脂肪ではなくて筋肉です。

 

筋肉が落ちてしまうと、代謝が落ちてしまいそれによって体脂肪が落ちにくくなってしまうので太りやすい体になってしまいます。

さらに、食事を減らしすぎるとストレスが溜まりやすくリバウンドの可能性も非常に高くなってしまいます。

 

リバウンドで体重が増えても、筋肉が落ちているので以前よりもダイエットが難しいという負の連鎖にはまらないように注意しましょう。

あくまで、摂取カロリーを抑えるのであって、ただ減らせば良いわけではありません。

 


筋肉が落ちてしまうなんて知りませんでした・・・。

また、精神的なストレスも溜まりやすく、過食の危険性もあるので十分に注意しましょう。

 

注意点②母乳育児をする場合

赤ちゃんの授乳期中に食事ダイエットに取り組まれる方は特に注意が必要になります。

母乳はお母さんが食べたものから作られるため、しっかりと食べないと栄養豊富な母乳を作ることが出来ずに、赤ちゃんの発育に影響が出てしまいます。

 

それに、出産を終えたお母さんの体を回復させるためにも栄養をしっかりと取らないといけません。

『痩せるためだから・・・』

 

このように自分を追い込みすぎてもダイエットには成功しません。

それどころか体を壊してしまいます。

 

お母さんの体は自分ひとりの体ではないということをもう一度認識をした上で極端なことは避けて取り組んでくださいね!

 

注意点③間食について

食事制限をする場合に気になるのが「間食をしても良いのか」だと思います。

ダイエット方法によっても変わることがあるので一概には言えませんが、基本的には有りでしょう。

 

というのも、空腹を我慢しすぎると次の食事で血糖値が上がりやすくなり体脂肪を溜め込んでしまいやすくなるからです。

また、空腹によるストレスが原因で食べすぎてしまいリバウンドを引き起こすことに。

 

ただ、間食をする際には甘いものやスナック菓子などはNGです。

ナッツやチーズなど満腹感を感じやすい食品をよく噛んで食べるのがよいでしょう。

 


なぜ、ナッツなどが良いのでしょうか?

ナッツには抗酸化成分なども入っています。

チーズに関して言えば、血糖値を上げにくいですし、カルシウムなどのミネラルも補給することが出来るからです。


おやつなどは、カロリーはあっても、栄養素は殆ど含まれていないので、体にあまり良くないんです。

 

そういえばリバウンドの原因って何なの?

リバウンドとはダイエットをやめると体重が増加したり、以前よりも増加してしまうことを言います。

驚くことに、ダイエット経験者の60%がリバウンドを経験しているのです。

 

リバウンドを繰り返すと段々と痩せにくい体になってしまいます。

リバウンドにはホメオスタシスとレプチンが関係していると言われているんです。

 


初め耳にする単語です。

 

ホメオスタシスについて

ホメオスタシスとは体重の急激な変化を防ぐために働く機能のことで、食事量を減らすことで体に入ってくるエネルギーが減少すると働くようになります。

ホメオスタシスが働くと消費エネルギーが低下してしまうため、痩せにくくなります。

 

ダイエット中に訪れる停滞期の原因はホメオスタシスが関係しているんです。

ホメオスタシスは1ヶ月で体重が5%以上落ちると最大限に働くようになると言われているので短期的な極端なダイエットでは働きやす良いので注意が必要です。

 

またホメオスタシスが働いている時に食べすぎてしまうと、消費エネルギーは少ないままなのですぐに太ってしまいます。

 


極端なダイエットに取り組んでいると、体重が落ちづらくなるいわゆる停滞期が訪れますが、ホメオスタシスが関係しているんです。

なるほど、それを知らなければ、諦めてしまうかもしれないので、先に知っておいて良かったです。

 

レプチンについて

レプチンとは満腹感と関係している物質のこと。

レプチンが分泌されればその分、満腹感を得ることが出来ます。

 

ただ、食事量を減らしているとレプチンの分泌量も少なくなるので、ついつい食べすぎてしまうことに。

ダイエット中に食べすぎると先程のホメオスタシスも関係して、すぐに太ってしまうのでリバウンドをしてしまいます。

 


たくさん、食べて、お腹がいっぱいのはずなのに『まだ食べ足りない』という場合はレプチンの分泌量が低下している証拠です。

 

リバウンドを回避するために

リバウンドをしないためにはホメオスタシスとレプチンの事を知っておいて、働かせないように注意しましょう。

 

極端なダイエットをするとホメオスタシスはすぐに働いてしまいますし、レプチンの分泌量も減ってしまうのでよっぽど強靭な意志がないと続かずにリバウンドしてしまいます。

 

それに、ダイエットに成功しても体調を崩す可能性が非常に高いです。

なので、リバウンドを回避するためには極端なことをせずに長期的に少しずつ取り組んでいくことが大切と言えるでしょう。

 

産後に体重が増える原因とは?

産後におすすめの食事ダイエットランキング

産後に体重が増えてしまいますが、その原因とは一体何か。

原因を知っておけば冷静に対処することが出来るので是非チェックしておきましょう。

 

原因①妊娠中の体脂肪の増加

妊娠をするとお母さんの体は赤ちゃんを外部から守ろうとして自然に体脂肪が増えるようになっています。

そして、産後に体脂肪はすぐに落ちるわけではありません。

 

そのため、産後の体重増加の大きな原因としてこの体脂肪の増加が挙げられます。


妊娠中には、落としづらい皮下脂肪が蓄積すると言われています。

 

原因②運動量の低下

妊娠中や産後は運動量が普段と比べて落ちてしまいます。

そうなると、消費カロリーが減ってしまうので、以前までは丁度良かった食事であってもカロリーの過剰摂取につながってしまうことに。

 

ですが、妊娠中や授乳期では赤ちゃんのために栄養素をたくさん摂取する必要があるので、気にしすぎる必要はないでしょう。

あくまで、産後から意識していくことが大切です。

 

原因③食事量の増加

産後のお母さんは母乳を作るために食欲が増すようになります。

母乳育児をする場合は食事量が増えても問題はありません。

 

ただ、母乳育児をしない場合に食事量が増えてしまうと確実に太ってしまいますので注意が必要です。

また、赤ちゃんが卒乳すると食欲は収まるわけではないので食事量を落とさないと、どんどん太ってしまいます。

 


食事量を落とす場合はホメオスタシスを働かせないために、徐々に落とすことがポイントです!

 

産後におすすめ食事ダイエットランキング7!

産後におすすめの食事ダイエットランキングをご紹介していきますので参考にしてみてくださいね!

 

7位:夕食抜きダイエット

名前にあるように夕食を抜く(食べない)ダイエット方法になります。

やり方は単純で、朝ごはんとお昼ごはんはいつもと同じように食べて18時以降の食事を食べない方法になります。

 

夕食を食べないことによって、食事量が減るので胃の中も軽くなるため物理的にも体重が軽くなると言われています。

 

また、人間の体には食事の吸収と排出のサイクルが決まっていると言われており、夕食は吸収力が高まっているため食事が体脂肪に変わりやすいので夕食を抜いて体脂肪の増加を防ぐ。

 

こういった理由から夕食抜きダイエットが効果的と言われています。

 

メリットとデメリット

夕食抜きダイエットのメリットは以下の通り。

  • 即効性が期待できる
  • 取り組みやすい

 

夕食抜きダイエットのデメリットは以下の通り。

  • やめると体重が増えやすい
  • リバウンドの可能性が高い
  • ストレスが溜まりやすい
  • 筋肉が落ちやすい
  • 合う合わないが激しい

 


夕食を抜くのは辛そうです・・・。

慣れるまでは大変ですし、体質によっては合う合わないがあるので、長期的に続けていくことは難しいでしょう。

 

6位:キャベツダイエット

ダイエットといえばキャベツ!

それほどまでにダイエットのイメージが強いキャベツを使ったダイエット方法になります。

 

やり方は食前に200g程のキャベツを一口大に切って食べるという方法になります。

この方法のポイントはよく噛むことです。

 

そのため、自然と噛む回数が増えるキャベツを一口大に切ってさらに噛む回数を増やしているんです。

よく噛むことで食欲を調整している満腹中枢を刺激し満腹感を得ることが出来るとされています。

 

その結果、食事の食べ過ぎを防ぐ事ができるのでダイエットに効果的とされています。

キャベツだけを食べるダイエット方法ではないので勘違いしないように注意してくださいね。

 

メリットとデメリット

キャベツダイエットのメリットは以下の通り。

  • 食べ過ぎを防げる
  • 簡単に出来る

 

キャベツダイエットのデメリットは以下の通り。

  • 飽きやすい
  • キャベツをたくさん買わないといけない
  • 授乳期中にはおすすめできない

 

5位:豆乳ダイエット

食前に豆乳を飲むことで空腹感を紛らわして食事量を防ぐダイエット方法となります。

豆乳は女性の味方である大豆イソフラボンが入っていて、大豆イソフラボンは脂肪の蓄積を防いだり女性ホルモンに似た働きをするため美容にも効果的とされています。

 

さらに、大豆には女性が不足しがちなタンパク質もしっかりと入っているので産後の体を回復を促進してくれるでしょう。

やり方はとても簡単で、食事の30分~10分前に約200mlの豆乳を飲むだけです。

 

豆乳は体にゆっくりと吸収されるため結果的に空腹感を感じづらくなると言われています。

また、この時に飲む豆乳は調整豆乳ではなく無調整豆乳の方が良いでしょう。

 

また、大豆イソフラボンは過剰摂取すると悪影響が出てしまうので飲み過ぎには注意しましょうね。

 

メリットとデメリット

豆乳ダイエットのメリットは以下の通り。

  • 飲むだけなので簡単
  • 始めやすい
  • 美容にも効果的
  • 不足しがちなタンパク質を摂取出来る

 

豆乳ダイエットのデメリットは以下の通り。

  • 即効性は期待できない
  • 人によっては飽きてしまう
  • 効果に差が出やすい
  • 飲み過ぎに注意が必要

 


美容にも効果があるのは嬉しいです!

タンパク質も摂取出来るので筋肉量の低下にも繋がしますよね。

 

4位:スープダイエット

多くの種類の野菜が使われているスープを摂取してダイエットする方法になります。

スープにすることでたくさんの野菜を使えるのでバランス良く栄養をとることが出来ます。

 

食事をスープに変える方法なので、置き換えダイエットに近いイメージですね。

スープの具体的なレシピは決まっていませんが、多種類の野菜を入れることがポイントとなっています。

 

そのため、アレンジ次第では長い続けることも可能ですし、ダイエットのタイミングを選ばないのも良いですよね。

また、スープに野菜が使われているので、便通の改善やデトックス効果も期待することが出来ます。

 

スープダイエットは無理をしなければ、健康的に痩せていく方法として人気があります。

 

メリットとデメリット

スープダイエットのメリットは以下の通り。

  • 便通の改善
  • デトックス効果
  • バランス良く栄養摂取できる
  • 授乳期にも出来る

 

スープダイエットのデメリットは以下の通り。

  • 調理が大変
  • アレンジしないと飽きやすい
  • 即効性は期待できない
  • タンパク質が不足しやすい

 

3位:鍋ダイエット

スープダイエットと似ていますが、鍋を食べてダイエットをしていく方法になります。

鍋はスープよりも食材を多く使いやすいため。更に豊富な栄養を摂取することが出来ます。

 

特に、スープでは不足しがちなタンパク質も鍋なら摂取しやすいメリットがあります。

更に、鍋を食べることで体が温まるので冷えの改善などにも効果的です。

 

鍋に使われるのは低カロリーの食材が多いのでたくさん食べても太りにくいので満腹感を感じながらダイエットしていくことが出来ます。

 

ただ、うどんやラーメンなどの麺類やご飯類を食べすぎると糖質の過剰摂取になりダイエット効果が薄くなってしまうので注意してくださいね。

 

メリットとデメリット

鍋ダイエットのメリットは以下の通り。

  • タンパク質を摂取しやすい
  • ビタミンやミネラルも摂取できる
  • 冷えの改善が期待できる
  • 授乳期にもOK

 

鍋ダイエットのデメリットは以下の通り。

  • 買い出しが大変
  • 調理が大変
  • 糖質の取りすぎに繋がりやすい

 


鍋は味付けが豊富なので、飽きずに食べ続けることができそうです! 

鍋を作る時は肉などのタンパク源を入れることを忘れないようにしましょうね。

 

2位:糖質制限ダイエット

炭水化物に多く含まれている糖質の制限するダイエット方法です。

というのも、体脂肪が増加する原因のほとんどが糖質の過剰摂取なので、糖質の摂取を抑えることで体脂肪の増加を防ぐ事が期待できます。

 

注意点として、糖質制限は『糖質を摂取しない』事ではありません。

糖質は体のエネルギーとして必要なものなので最低限摂取しないと筋肉が落ちてしまったり頭がボーっとしたり異常を起こしてしまいます。

 

また、授乳中のお母さんは特に注意が必要で糖質制限をしすぎると母乳の出が悪くなってしまい育児に影響が出てしまいます。

糖質制限をするとすぐに体重が落ちることが多くて喜んでしまいがちですが、体から水分が抜けていたり筋肉が落ちているだけの場合がほとんどです。

 

糖質制限は短期的ではなく長期的に取り組んで初めて成果が出る方法なので、無理は禁物です!

 

メリットとデメリット

糖質制限ダイエットのメリットは以下の通り。

  • 体脂肪の増加を防げる
  • 効果が高い
  • 短期的に体重だけなら落としやすい

 

糖質制限ダイエットのデメリットは以下の通り。

  • 量の調整が難しく、少なすぎると体調を崩しやすい
  • 授乳期には向かない
  • リバウンドの可能性が高い
  • 筋肉が落ちる可能性が高い
  • 長期的に続けるのは難しい

 

1位:酵素ドリンクダイエット

専用の酵素ドリンクを飲むダイエット方法になります。

酵素とは食べ物を分解から栄養吸収までを手助けしてくれる大切な成分です。

 

そして吸収した栄養を体のエネルギーして使ったり、体を作るために使う場合にも酵素は関係しているんです。

つまり、酵素は生命活動に必要不可欠と言えます。

 

ただ、現代人の乱れた生活習慣や食生活で酵素は不足してしまいがち。

『最近、疲れやすい』『胃腸の調子が悪い』といった不調を抱えている場合は酵素不足が原因かもしれません。

 

やり方は簡単で3食のうち1食を酵素ドリンクに置き換えるだけです。

1食だけなので空腹のストレスを感じにくいので続けやすいと思います。

 

授乳期中であれば置き換える必要はなく、食事毎に酵素ドリンクを摂取することで不足している酵素を補充していきます。

その結果、体の内側から改善されるので痩せやすい体になると言われています。

 

なので、直接的なダイエットというより体質改善の意味合いが強いですが体質を改善すればこの先も太りづらくなるのでダイエットせずに済むかもしれませんね。

 

メリットとデメリット

酵素ダイエットのメリットは以下の通り。

  • 食事からは摂取しにくい酵素を取れる
  • 高い効果が期待できる
  • 体の内側からキレイになれる
  • 痩せやすくなる
  • 美容にも効果的
  • 産後でも無理なく出来る
  • 続けやすい

 

酵素ダイエットのデメリットは以下の通り。

  • 酵素ドリンク選びが難しい
  • 費用がかかってしまう

 


酵素ドリンクを変えば、飲むだけなので、簡単そうですね! 

酵素ドリンクはものによっては値段が高くなっていますが、それ以上の多種類の食材の栄養素を摂取することが出来るので、お得というメリットもあります。 

 

産後におすすめの食事ダイエットのまとめ

産後にオススメの食事ダイエットについてお伝えしましたがいかがでしたか?

 

食事に気をつければきつい運動をしなくても痩せることは出来るので運動をしたくない方は食事ダイエットに取り組むと良いでしょう。

 

ただ、食事ダイエットは気をつけないと体調を崩したり、リバウンドを引き起こしてしまうので慎重に行うことが成功の秘訣です。

あなたの体はあなたが食べたもので作られる事を忘れずに食べ過ぎや減らし過ぎに注意して健康的に痩せていきましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

産後におすすめのプチ断食の正しい方法って!?

産後におすすめのプチ断食の正しい方法って!?

鍋ダイエット方法!食事やメニューは何がおすすめ?

キャベツダイエット方法の効果!?危険って本当?

夕食抜きダイエットの効果は痩せない?期間はどのくらいで危険なの!?

夕食抜きダイエットの効果は痩せない?期間はどのくらいで危険なの!?

豆乳ダイエット方法のやり方は簡単?効果や口コミ、生理中はどうなの?

豆乳ダイエット方法のやり方は簡単?効果や口コミ、生理中はどうなの?